技士会メインページへ
CPDSとは


 土木事業の分野ほど、その完成物が国民生活に直接、広範囲に、長期にわたり大きく影響を及ぼす産業は、他に見当たりません。最近の急激な科学技術の進歩につれて施工法は進歩し、また一方、環境や健康に対する国民の考え方が変わり、施工上のルールも急速に変化しています。土木技術者は、それに応じた技術の研鑚が欠かせません。

 (一社)全国土木施工管理技士会連合会は平成12年度から、国内最初の『継続教育制度』を導入し、運用を開始しました。正式名称を「土木施工管理/CPDS 」(継続的専門能力啓発システム=プロとしての生涯学習)といい、CPDSはContinuing Professional Development Systemの頭文字からきています。これは当会員を始め、土木施工管理技士の技術力や倫理観を高めるための学習・教育システムで、工学部門では国内で初めての画期的な制度です。

 CPDSという全く新たな学習活動を実施するのか、と心配する人がいるかもしれませんが、そうではありません。 CPDSとは今までの技士会活動そのものです。各県技士会の会員が従来から学習してきた内容、即ち講習会や講演会、見学会に出席する、機関誌や専門誌に投稿する、講習会や講演会で講義をする等であり、ただ従来と違うところは「学習記録を残していくこと」です。  
 このことを特に強調しておきます。つまり、CPDSは「土木施工管理技士の技術力を向上し、良いものを造り、国民の福祉向上に寄与する」技士会の活動趣旨に沿ったものです。

継続学習の重要性
 技術者の技術力を評価する要素として、国際的にも認められているのは、一般的に次のような3つの柱(技術力を支える三本柱)を指しています。
学歴資格
実務経験(工事経歴)
継続学習(継続学習、生涯学習とも言います)
 継続学習については日本ではまだ始まったばかりですが、当連合会が平成12年度に開始しているほか、既にいろいろな他団体で活発な動きがあります。技術士法では抜本的な改正がなされ、技術士に継続教育すなわち生涯学習が盛り込まれました。同様に土木学会でも平成13年4月から始まりました。また建築部門でも会員に対して、(公社)日本建築家協会や(公社)日本建築士会連合会も実施する方針が打ち出されています。

CPDSに参加するには
CPDS参加者には、CPDS技術者証を発行します。
一人ひとりが何時間学習したかの記録するため、まず継続学習参加の意思表示すなわち登録(CPDS技術者証の発行)を行うことから始まります。CPDS(継続的専門能力啓発システム)は学習時間のUNIT(通常、1UNITとは学習に費やした1時間)によって評価するものです。個人別に学習時間のUNITをCPDS台帳に記録し、デ−タベ−スとして管理していきます。学習時間のUNITは学習する度に加算され、学習時点からその学習は5年間有効です。5年経過した学習時間は自然消滅(差し引き)していきます。
 
(学習時間UNITの確認)
CPDS登録者は全国技士会のホームページから登録番号とパスワード(要設定)を使用し各自のUNIT数を確認できます。また、学習履歴の申請やCPDS新規申込も全国技士会のホームページから申請できます。
(CPDS技術者証の発行)
CPDSの参加者に対し顔写真付のCPDS技術者証を発行します。

CPDSに参加するメリット
 
1.  四国地方整備局 … 総合評価方式の技術者評価において加点対象(5年間で 50UNIT 以上取得者)
2.  香川県 … 総合評価方式の技術者評価において加点対象(5年間で 25UNIT 以上取得者又は5年間で 50UNIT 以上取得者)
3.  高松市 … 総合評価方式の技術者評価において加点対象(5年間で 25UNIT 以上取得者又は5年間で 50UNIT 以上取得者)

 高松市 … 入札参加資格審査において加点対象(技術者の取得合計30UNIT以上取得企業)※上限150UNIT

 
 
CPDSに登録するには
CPDS登録申請は原則インターネット申請となります。
【CPDSに新規加入】
  全国技士会のホームページから申請して下さい。
【学習履歴登録】
1. 受講した講習会がCPDSプログラムに登録されている場合は、全国技士会のホームページから学習履歴の登録申請をして下さい。
2. 受講した講習会がCPDSプログラムに登録されていない場合は、各自でプログラム登録申請をする必要があります。申請したプログラムが認定されれば学習履歴の登録申請が可能になります。
 ※上記申請は全て全国技士会のホームページから申請できます。詳細につきましては全国技士会のホームページをご覧下さい。
 CPDS学習履歴の登録のは受講された講習会等の修了証(受講証明証)が必要となります。
 登録にかかる費用は次のとおりとなります。
 CPDS新規申込、技術者証再発行
      (技士会正会員 @1,300円、非会員 @3,000円)
 CPDS技術者証更新(技術者証に有効期限が記載されている方のみ)
      (技士会正会員   無料、   非会員 無料 )
 CPDS学習履歴登録
      (技士会正会員   無料、   非会員 @500円)

※上記の登録申請をされた方の内、新規登録、技術者証更新、技術者証再発行を希望された方は技術者証を発行いたします。(時期によっては時間のかかる場合がありますので、ご了承下さい。)
CPDS学習履歴証明書の発行申請をするには

【香川技士会に申請する場合】
1.申請方法
 CPDS学習履歴証明発行申請書をFAXまたはE-mailでお送り下さい。
 ※ FAXで申請いただいた方は郵送で、E-mailで申請いただいた方はE-mail(PDFファイル)でお送りいたします。
2.手数料
  香川技士会正会員 … 無料
  非 会 員 ・・・・・・・・・ 1名につき 2,000円
  ※手数料につきましては現金または郵便小為替でお願いします。
3.提出先
 〒760-0026 高松市磨屋町6−4
 香川県土木施工管理技士会
 TEL 087-851-7919  FAX 087-821-4079
 E-mail : kakenkyo1@kaken-honbu.or.jp
【全国技士会に申請する場合】
 全国技士会のホームページよりログインして発行申請をして下さい。
 ※ インターネット申請のみとなります。

技士会メインページへ