建設共済保険(労災上乗保険)

建設共済保険は労働者と企業のリスクをカバーします。

建設共済保険は建設業界の声を受けて生まれた制度です!

 建設共済保険は、建設業を対象にした法定外労災補償制度の創設を望む建設業界の声を受け、昭和45年に全国建設業協会と建設業福祉共済団が特約を結び、建設省(現:国土交通省)及び労働省(現:厚生労働省)の認可を受けてわが国で初めて創設された制度です。

 運営団体の建設業福祉共済団は平成25年度に公益認定を取得し、公益財団法人としてより一層の労働者の福祉の向上や建設業の更なる発展等を目指し運営しています。また、当共済団は、各都道府県建設業協会の賛助会員であり、事務委託契約を結んで建設共済保険の普及促進を行っています。

建設共済保険の特長

  1. 建設業における自主的な共済保険で掛金が安い
  2. 災害発生時に企業が負担する諸費用も補償
  3. 同一事故で多数被災した場合でも補償額の上限なし
  4. 元請・下請を問わず無記名で補償
  5. 代表者(保険契約者)も補償
  6. 経営事項審査において15点の加点

(公財)建設業福祉共済団からのお知せ

事務局概要

  • 〒760-0026
    香川県高松市磨屋町6番地4
  • 087-851-7919
  • 087-821-4079